印刷業界の進化とネットサービスでの依頼の活用

名刺の印刷

自前で印刷よりも業者依頼

名刺は日本において仕事をしていく上では必ず必要になるものであり、仕事の上ではじめて会った人には必ず交換して互いの素性を理解し合います。そのため、社会人となる大量の名刺が必要になるのが一般的であり、就職や転職、部署変更などの際には大量に印刷しなければなりません。 家庭用プリンターの普及によって自宅でも大量印刷ができるようになりましたが、名刺の印刷に関しては専用の用紙を大量購入しなければなりません。また、カラーの場合には特定の色のインクだけ減っていってしまうことからあまり効率的ではありません。そのため、データ入稿で印刷を受け付けてくれる名刺印刷業者に依頼して印刷してもらうのが手間もかからずよい方法です。

競争が激化する名刺業界

名刺印刷業界においては顧客獲得競争が激しくなっていることから、サービス内容や価格において特徴のある業者が増えてきています。しかし、基本的に共通しているサービスとして、メール一通でデータ入稿が可能となっている点が挙げられます。そして、納期に応じて価格設定がされており、即日発送から一週間程度の納期まで選ぶことが可能となっています。 一方、サービス面について名刺に利用する用紙の質は業者によって大きく異なる傾向があります。基本的には安価な用紙を用いて低価格化を進めていることが多いものの、より高品質のものを求める人のためにサービス提供を行っている業者も存在しています。目的による業者選びが重要なポイントとなる時代なのです。