印刷業界の進化とネットサービスでの依頼の活用

ネームプレートの依頼

ネームプレートの歴史

ネームプレートと呼ばれる様になったのは最近の事で、少し前までは名札と呼ぶのが一般的でした。 この名札が日本で一般的になったのも近年であり、日本国民にすべて苗字が許された明治時代に一部の身分の高い方が行事などで付けたのが始まりで、識字率が上がるのと比例し一般的にも広がりました。 日中、日露戦争で派兵される兵士の服に名前を書いた布を縫い付ける事が増え、昭和の太平洋戦争時には兵士以外にも一般市民が同じように布に名前や住所を書いて服に縫い付けました。 70年台頃には幼稚園児から学生もネームプレートをつけるのが一般的になり、お店でネームプレートを作成して付ける事が常識化し、アクリル製や金属などの様々なネームプレートが出始めました。

様々なデザインや形に作成する事が多くなる

ネームプレートの作成は企業を含めて増加しており、現在作成を頼む作成業者は低価格でデザイン豊富なネットショップに頼む業者が増えています。 個人から大企業までネームプレートは店舗のイメージを表すアイテムとして重要視する企業が多いため、様々んデザイン、色、形、文字のフォントなど多くの要望に答えられる様になっている業者が好まれます。 店舗でのネームプレート作成は増加していますが反対に学生用のネームプレート作成は年々減っており、今後は学生用のネームプレートは無くなっていくと考えられます。 最近は個人情報の扱いが厳しくなっており、子供を狙う犯罪が増加しているため安全を考えてネームプレートを廃止する学校が増加しているため、数年後には無くなると考えられます。